子連れだからこそエキサイティングな旅行へ、Let's Go!


by wanderkids

ブログのお引っ越し

夏休みが終わると
毎年イメチェンしたくなるハハ。
今年は子連れ旅行ブログをイメチェンすることに・・・

お引っ越し先はこちら
5月のケアンズ
6月のプーケットもこちらでアップする予定。

ぜひ遊びに来てくださいね!
[PR]
# by wanderkids | 2010-08-10 10:05 | HONGKONG
昼間のビーチは
肌をガンガンに焼きたい西洋人観光客ばかり。

マッサージやネイル、みつあみをはじめ
ゴザや飲み物、タトゥーなどなど
のんびりと客引きをするローカルのおじさんやおばさんたち。
b0144363_1633425.jpg

夕方になるとそれがガラっと変わる。
日焼けをしたくないインドネシア人は
日が落ちる直前にビーチへ行き、Tシャツで水遊びをはじめる。
まるでお祭りのように
たくさんの人。
b0144363_163352.jpg

サンセットなんか見向きもせず、
ひたすら砂の城をつくる子どもたち。
そこへ10人以上のお姉さんが寄ってきて

一緒に写真撮って~!キャー!

なんて来たもんだから、びっくりして飛び跳ねる4歳児。
どこに行ってもそうなのだが
サービス精神のかけらもない彼女はno!の一点張り。

シャイだけど実は目立ちたがり、注目大好きの6歳児は
お姉さんたちに囲まれてカメラ目線でニッコリ。
ツーショットを何回撮られても嫌がる様子なし。

b0144363_1635961.jpg

あら、どうしたのサンセットみつめて?

6歳児の目線の先は離陸した飛行機。
このビーチの左側に滑走路があり、飛行機がよくみえる。
夕焼けのオレンジの空に消えていく飛行機。

飛行機おたくのパイロットになりたい息子は
飛行機をみると機種をあてたり、航空会社をあてたり。
乗っているときだって、説明してくれる。
着陸にむけて高度を下げだすと、ドンという音を聞いて
今タイヤが出たんだよ
とか
着陸後窓の外を指さして
着陸のときは翼が大きくなるんだよ、今それをしまっているところ
とか。

今回の旅行は777-300で飛行中や離着陸の映像がスクリーンでみられたから
窓側の席じゃなくてもご機嫌。
b0144363_16141310.jpg

おにいさん、ハングルース!
[PR]
# by wanderkids | 2010-04-07 15:53 | Bali
最近お決まりになりつつある
ハハとこどもたちのホリデー。

ダディーは行くの~?

の質問に、お仕事で行けないと言っても

ふ~ん

くらいの反応。
がんばって休日も祝日も働いてるダディー、
ちょっとかわいそう・・・

子どもたちのリクエストでバリ島のハードロックホテルへ。

b0144363_15142549.jpg


ホテルの前にある大きなギターが目印。
当然、飛んでみる。

クタビーチの目の前(道路をはさんで)だし
アートマーケットもクタスクエアも近い
最高のロケーション。

b0144363_15162135.jpg


チェックインしたときにいただいたキッズパック。
塗り絵とクレヨンが入っていて、
かなり役に立った。
そしてクーポンも!
キッズルームで2時間2人を無料で預かってくれるらしい。
このキッズパック、ハハが一番喜んだ!

b0144363_15185628.jpg


部屋はいたってシンプル。
全然バリらしくないけど
冷蔵庫やヘアードライヤー、ホットポットなど
必要なものは全部あるのでよしとする。

こんなに大きなベッドなのに
どうして落ちるのよ、4歳児。
しかも真ん中に寝ていたはずなのに、
いつのまにかハハを超えて。

落ちても起きずに、床で寝続けている。
きっと将来大物になることでしょう・・・

b0144363_15224051.jpg


壁には有名なミュージシャンのギターが並んでいる。
頭を上下させ、
ギターを弾く真似をする6歳児。

b0144363_15242366.jpg


夜はライブバンドの演奏があるステージバー。
子どもは入場禁止らしい。
昼間なら、とウェルカムドリンクをいただきに行ってみる。

しかも座るのはバーカウンターがいいらしい。

このクーポンではオレンジジュースかビールよ

とバーテンのお姉さん。

ニヤリとクールな顔して一言

ビアー、プリーズ

おいおい、あなたまだ6歳でしょうが。

b0144363_1547131.jpg


毎晩8時半から行われるライブバンドは
部屋のテレビで観られる。
ベッドの上で踊り狂うふたり。
これでぐっすり寝てくれるでしょう。

b0144363_15292840.jpg


キッズクラブの前には卓球、フーズボール、ビリヤードがある。
すっかりフーズボールにはまってしまった二人。
毎食後、ここに出向いた。

b0144363_1531451.jpg


広い中庭には巨大チェスもある。
でもキチンとしていないとイヤな6歳児、

ちゃんとコマがそろっていないから、おもしろくな~い!

テキトーに新しいゲームを考えて遊べば~
と言うハハのテキトーが彼にはできない。

お馬さ~ん パッカパッカ

と歌いながら馬のコマにまたがる4歳児。

b0144363_15341347.jpg


Lil Rock Kidsでは工作をしたらしい。
お買いものをして疲れて部屋に帰ったら電話がかかってきた。

ピックアップの時間すぎてますよ~
早くお迎えに来てくださ~い

少しくらい長く預かってくれてもいいのにねえ。
他に子どもいないんだし。

b0144363_15374146.jpg


以前ここで作ったTシャツが小さくなったので
新しいのをペイントする。
96,000ルピア、さっき外で4分の1のお値段で買ったのになあ。
ムスコオリジナル、リルロックキッズのロゴ入りだからそんなものか。

b0144363_15413189.jpg


バリで一番大きいプールというだけあって
巨大なプール。
サーフィンのレッスンなんかもしている。
プールサイドには22のカバナがあって
1日借りられる(250,000ルピア)
ルームサービスもしてくれるので、レストランに行かなくてもいい。

b0144363_1545320.jpg


サンドアイランドではビーチバレーや
砂遊びができる。
深さが子どもの背の半分くらいでちょうどよく、
ほとんどそこにいた。
ほか、プールバーやすべり台がある。

ぐうたらハハ、
食事と買い物以外
5日間、ずっとホテルで過ごした。

子連れファミリーにはおすすめのホテル
Hard Rock Hotel Balitel (62)361 761 869
[PR]
# by wanderkids | 2010-04-04 15:09 | Bali

好きですさっぽろ

ホテルの目の前にいる巨大ガニ。
毎晩部屋のカーテンを閉まる前に

バイバイ、カニさん
おやすみ、またあしたね

と声をかけるのが寝る前の儀式になっていた3日間。
b0144363_045094.jpg

大きなカニさんの下にいる
ベイビーカニさんにお別れをしに行った。

バイバイ、カニさん
またね~

と名残惜しそう・・・

北海道が大好きになったムスコは

ここに住みた~い!

とまで言い出している。
どことなくニュージーランドに似ている北海道、
ハハもこういうところなら住んでみたいなあ。

札幌市の観光HP「ようこそさっぽろ」

札幌観光協会HP

観光文化情報ステーション
[PR]
# by wanderkids | 2010-02-17 14:56 | Sapporo

乗る~ビルの上の観覧車

ホテルの窓から毎日眺めていた観覧車、
最終日にチェックアウト後行ってみることにした。
b0144363_23543357.jpg

観覧車、ビルの上にある~
どこから乗るの~

とかなり不思議がっている子どもたち。
この子たち、香港のオーシャンパークの観覧車くらいしか
乗ったことないんじゃないかしら。
b0144363_23551124.jpg

Norbesaというビルの7階に乗り場あり。
前日の雪でさらに雪化粧が濃くなった札幌の街を
こうやって眺めるのもオツなもの。
雪が積もっているキャビンの窓の半分からは
大倉山(たぶん)もすぐそこに見える。
b0144363_23554068.jpg

6階、5階はボーリング場やゲームコーナー。
スルーするはずが時間もあったのでちょっと寄ってみた。
何度やってもキリがないからと
ゲームは1回だけ。
ゲームオーバーになっても、
ひたすらハンドルを握っている。

Noria Ferris Wheel
オープン:平日11:00~23:00、週末11:00~3:00
料金:一人600円(子ども料金なし)
アクセス:地下鉄大通駅から徒歩7分

Norbesaについてはこちら
[PR]
# by wanderkids | 2010-02-17 10:39 | Sapporo
b0144363_23351879.jpg
背の高いビルに見守られるように囲まれている
小さな白い時計台は重要文化財に指定されている。

北海道大学の前身である、旧札幌農学校の演武場として
明治11年に建設されたそう。
この学校の初代教頭先生は
"Boys , be ambitious!"
で有名なW.S Clark

当時の写真などの展示には興味ない子どもたち、
世界の時計台の音色を聴けるボタンの前から離れず
キーンやらカーンやらをずっと聞いている。
b0144363_23355472.jpg

2階は現在でもコンサートなどのイベントに使われていて、
塔時計の展示がある。
教会のような神聖な雰囲気があり、

結婚式はこんなところでしたい

なんてもうずいぶんと前に数回場所を変えてしたのに
まだ気が済まずにそんなことを思ふハハ。

そんな横で好奇心旺盛の6歳児

ねえ、この時計はどうやって音がでるの~?

との簡単そうで実はすごく難しい質問。
え~と、どうやって説明しよう・・・
と考えていると、それについての15分間のビデオが目に付いたので
さっそくスイッチオン。
それを真剣に見入る彼。
ハハ、ビデオ観てたらなんだか眠くなってきちゃたわ。フア~

時計台
開館:8:45~17:10
休館:6~10月 第4月曜日
   11~5月 毎週月曜日
   12月29日~1月3日
アクセス:地下鉄大通駅徒歩5分
[PR]
# by wanderkids | 2010-02-16 23:17 | Sapporo
b0144363_2315462.jpg
いろんな魚介類を見せるのも社会勉強だということで
二条にある市場へ。

カニ、いくら、うに、明太子、さけ・・・
もうとってもリーズナブル。
すっごく買って持って帰りたいものの、
昨日20冊以上本を買ってしまったため
スーツケースにはスペースがない。
荷物も5ピースあるので発泡スチロールの箱を増やすわけにいかない。
せめてここでいくら丼でも、
と期待したのだが多数決でラーメン屋に行くことに。
毎食ラーメン食べてる子どもたち。
まあ、たしかにおいしいけどね。

市場のおじちゃん、
子どもたちにいろいろと魚の名前を教えてくれる。

これはホッケだよ、
これはカレイ

とか。

香港人は大量にカニを買って行ってくれるから
ウェルカムだそう。
[PR]
# by wanderkids | 2010-02-16 23:02 | Sapporo
b0144363_14265958.jpg
この旅行中
毎晩飲んでいたサッポロビールの生。
喉ごしスッキリで本当に飲みやすい。
こんなおいしいビールを作ってくれるので
博物館に行ってみることにした。
お決まりのポーズで
雪の降る寒い中、飛んでみた。
この建物は1890年に建設されたもので、北海道遺産にもなっている。
1987年から博物館になっている。
b0144363_14394851.jpg

サッポロビール社だけでなく
日本のビール産業の歴史がよくわかり
かなり興味深い。
ガイドつきツアーもあって、かなり詳しく説明してくれていた。


b0144363_142876.jpg

しかしもっと興味深いのはビールのお味の方。
というわけでテイスティング。
1階のホールと2階のバーの2箇所でできる。
3種類でおつまみつきで400円とはお得。
子どもにはジュースもあり。

サッポロビール博物館札幌駅からバスあり
開館時間 9:00~18:00
無料
ビール園もあり
[PR]
# by wanderkids | 2010-02-15 17:18 | Sapporo
b0144363_1412923.jpg

ホテルから徒歩10分くらいのところにある
このテレビ塔、
ランドマークでもあるのでとりあえず行ってみることにした。

テレビ塔グッズがたくさん売っていたので知ったのだが、
テレビ塔は父さんやら母さんやらいてファミリーだったのね。

とうさんってだれ~?

と4歳児。
どうやら「とう」という名前の人だと思ったらしい。
ダディーのことだと知ると
新しい単語を覚えた彼女、
瞳をキラキラ輝かせ、用もないのに

とうさ~ん
とうさ~ん

とよんでいる。

は~い

とその都度返事をしている忍耐力のあるとうさん。
b0144363_14124248.jpg

エレベーターに乗って展望台へ。
数日前にあった雪まつり会場は
跡形もなくきれいになってしまっていた。
大小あわせて136基もあったそう。

展望台でがっかりした様子の6歳児。
どうしたのか聞いてみると、

全然テレビがないよ~

どうやら彼のイメージしていたテレビ塔とは
テレビがたくさんあって、
いろんなチャンネルのテレビをいっぺんに観ることができる!
ところだったらしい。
b0144363_1413381.jpg


夜はライトアップされて
マジカル!

テレビ塔
地下鉄大通下車すぐ
展望台入場料 大人700円、幼児100円
営業時間 9:30~21:30
[PR]
# by wanderkids | 2010-02-15 13:52 | Sapporo
b0144363_1253282.jpg

今回のホテルは繁華街にある。
まわりにはレストランや居酒屋
それに100円ショップとブックオフもある!
当然最終日に買い出しにでかけるスーパーマーケットも。
狸小路商店街もあるし、
もうハハ、チェックインの時から興奮気味。

地下鉄のすすきの駅もすぐそこだし、
部屋からはテレビ塔も見える。
なんとなく
アパルトマンからエッフェル塔が見えるパリジェンヌ気分。
だけど
頭の中グルグルしているショッピングリストは大和ナデシコ(?)
みそ、日本語ラップトップ、おひなさまグッズ、お好み焼きソース・・・

肩までつかれるお風呂があるよ~

と温泉の魅力にはまってしまった6歳児は
かなりうれしそう。
確かに日本のお風呂、いいよねえ。

Mercure Hotel Sapporo中央区南4西2
tel (011)513 1100

3階がロビー
フランス人女性デザイナーがプロデュースしたホテル
[PR]
# by wanderkids | 2010-02-14 19:15 | Sapporo